公認会計士(公認会計士になるためには、合格率が6〜8%の公認会計士試験に合格した上で、2年以上の業務補助などを行い、実務補習を修了して、内閣総理大臣の確認を受け、公認会計士名簿に登録しなくてはいけません)の求人は沢山あると思われているかもしれませんが、実際は就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)難のようです。 その原因の一つに、平成20年から始まった公認会計士の試験合格者数を増やす試みがあります。 試み通りに公認会計士(公認会計士になるためには、合格率が6〜8%の公認会計士試験に合格した上で、2年以上の業務補助などを行い、実務補習を修了して、内閣総理大臣の確認を受け、公認会計士名簿に登録しなくてはいけません)の試験合格者が大幅に増加した結果、監査法人に就職できない人が溢れてしまったのです。 公認会計士の資格を得るためには、試験に合格するだけではなく、実務経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)を2年以上積む必要があります。 一般企業の殆どは、公認会計士の試験に合格しただけの人を求人していません。 即戦力になるのでにも、実務経験が必要となってくるのです。 その為、公認会計士の試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)に合格した後は、監査法人に就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)して実務経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)を積もうとする合格者が多くなります。 監査法人の求人に対して、就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)希望者が多すぎるために、就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)先がみつからない人が溢れてしまっていると思います。 ただ、実務経験を積んで公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の資格を取得できれば、その業務は独占でもありますので、数多くの求人が期待出来るのです。 公認会計士の仕事に限らず、副業的なコンサルティング業務もできますので、それだけ求人の数も多くなりますー